ラブアンで素敵な出会い

ラブアンでパパを作ることにしました

ラブアンLove&(ラブアン)使い方

華やかな東京に憧れて受験頑張りました : ラブアンでパパを作ることにしました : 話は男性がリードしてくれので安心

そのため憧れのキリスト系大学は合格できずに、第二希望の女子大学に何とか引っ掛かり、無事東京行の切符を手にすることが出来ました。
でも東京に進出し、一人暮らしをしてみると学費だけではなく家賃、光熱費、教材費に食費など想像をはるかに超える出費に驚かされました。
実家は裕福ではないため、もちろん奨学金での進学であり、一人暮らしのアパートも非常に狭く、ドラマのような一人暮らしにはなりませんでした。
当然雑誌に出るおしゃれなブランド洋服も購入できずに、ダサい数少ない洋服を着まわす生活です。
そして生活維持、学生生活の維持のためにバイトに明け暮れる毎日で、夢にまで描いていた花の女子大生生活とはいきませんでした。
そうこうしているうちに、やがてコロナ感染拡大が深刻になってきて、私が働いているバイト先も飲食ということで、バイト収入が激減してしまいました。
そこで学生生活も東京の一人暮らしも維持していくことが難しくなり、食事さえ六食べられなくなり、百円のパンを何日かに分けて食べる日もあるほどに困窮しました。
そこで友人にそのことを相談すると、彼氏やパパを作って少し応援してもらうのも一つではないかというアドバイスをもらいました。
背に腹は代えられない、素敵な出会いがあって少しでも助けてもらえればという気持ちで、ラブアンというサイトをネットで見てみることにしました。