ラブアンで素敵な出会い

華やかな東京に憧れて受験頑張りました

華やかな東京に憧れて受験頑張りました : ラブアンでパパを作ることにしました : 話は男性がリードしてくれので安心

私は20歳の女子大生です。
幼いころからテレビの中の東京に憧れていて、大人になったら絶対に東京に出ていくと心に決めていました。
東京は華やかで、お洒落できれいな女性がたくさんいるだとテレビや雑誌で見て知っていました。
テレビに出てくるようなきれいな女性になって、学生生活や恋愛、お仕事をしていきたいと考えるようになっていたのです。
自分は新潟の田舎育ちで、洋服を購入するのも一苦労な環境で育ちました。
大型スーパーまで車で行き、そこにお決まりのパターンの決してお洒落とはいいがたい洋服を着て育ちました。
そのため人一倍、洋服にも関心が強く、東京に出ていったら絶対に雑誌モデルのような美しいファッションをして、表参道や、青山、銀座を闊歩するのだと漠然と思い描く毎日でした。

そのため一生懸命に新潟県内の進学高校に行くため頑張って勉強してきました。
特にあこがれのモデルさんがいたので、そのモデルさんの写真を定期券に忍ばせたり、部屋にポスターや切り抜きを張ってモチベーションを高め、勉強を一生懸命してきました。
そのかいもあって、無事進学高校に合格し、次は東京の大学受験を目指して頑張りました。
大学受験は非常に困難を極めました。
なぜなら全国から頭の良い高校生が集まって受験に臨むので、競争倍率が高いのです。